こんにち、高級時計の代名詞になっているロレックス

10年前にCMによって、親から子へ譲るロレックスというキャッチコピーがはやりました。

またたくまに、全国に広がり、未だに根強い人気を誇ります。


ロレックスの歴史

1900年代

05年
創業者であるハンス・ウィルスドルフは、24歳の時にロレックスの前身であるウィルスドルフ&デイビス社をロンドンのハットン・ガーデン83番地に構え、時計輸入を開始。

08年 「ROLEX」という商品名(ブランド名)がラ・ショードフォンで商標登録され、時計の製造をはじめる。

   ROLEXのロゴはハンス・ウィルスドルフが英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、どこの国の言葉でも同じ発音になるようにと作った造語。

12年 スイスのビエンヌに事務所を移す。

26年 スイス連邦著作権局にてオイスターケースの特許を取得。

27年 ねじ込みリューズをイギリスにて特許取得。

   ロレックスとのタイアップにより世界初の完全防水時計ロレックスオイスタークッションを腕にはめたロンドンの速記者メルセデス・グライツがドーバー海峡を泳ぐ。

31年 360度回転自動巻き機構パーペチュアルを開発。

36年 イギリスのジョージ5世の王位25周年を記念として500個の受注を受ける。

39年 オイスタークロノグラフ登場。

45年 世界で始めての日付付き腕時計デイトとデイトジャストを発売。

53年 エクスプローラー(探険家)発売。

   50m防水。
   エベレスト登頂のために作られた時計。

   サブマリーナー発売。

   100m防水(当時のオイスターは50m防水)

54年 GMTマスター発売

   サブマリーナーが200m防水に。

56年 デイデイト発売。

60年 創業者ハンス・ウィルスドルフ80歳で死去。

61年 オイスター・クロノグラフ発売。

63年 スペースドゥエラー発売。

69年 サブマリーナーに日付のついたサブマリーナーデイト発売。

   200m防水

71年 シードゥエラー(海の居住者)2000発売。

   ロレックスが特許をとったヘリウム排出バルブを装備している。

   610m防水。

72年 エクスプローラーU発売。

   24時間計が装備されている。

   デイト表示も追加。

76年 オイスター・コスモグラフにスクリュー・ダウン・プッシュボタンを採用。

77年 日付早送り機構のキャリパー3035発売。

78年 オイスター・クォーツ発売。

   50m防水、1000エルステッド耐磁。

80年 シードゥエラー4000発売。

   1220m防水。
   プロダイバーのために考案されたモデル。

83年 GMTマスターU発売。

   短針早送り機能を装備。

84年 サブマリーナーが300m防水にスペックアップし、サファイアガラスを採用。

88年 オイスター・コスモグラフ・デイトナ発売。

90年 エクスプローラーUモデルチェンジ。

   デザインが一新され短針早送り機能を追加された。

91年 エクスプローラーUのセカンドモデルRef.16550発売。

92年 ヨットマスター発売。

   スポーティさとエレガントを兼ね備えるモデル。
   現在でも唯一レディースとボーイズの製造されているスポーツモデル。

99年 ヨットマスター・ロレジウム発売


2000年代

   GMTマスターT
製造中止。

     それに伴いGMTマスターUのベゼルに青/赤のツートンとブラックが追加。

     デイトナモデルチェンジ自社開発のCal.4130を採用。

     このモデルチェンジによりロレックスの全てのムーブメントが自社オリジナル製になる。


ロレックスは、デザインから製造までを通じて、あらゆるレベルで一貫した品質管理手順が実施され、素材、部品、機構は最高レベルに維持。

過酷な条件下での使用に耐えるように作られているところなど、多くの人々を今も魅了し続けている。


だということです。

数々の、モデルチェンジ・仕様の変更を経て今の磐石な人気を保持しているんですね。

スタイルばかりでなく、精緻なシステムもロレックスの時計としての魅力かもしれません。

ロレックス 16600 シードゥエラー P番 商品番号34376

ロレックス 16600 シードゥエラー P番 商品番号34376 人気ランキング :
定価 : \378,000
販売元 :質屋(株)ミドリヤ 2号店PHASE
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : \378,000